Currently browsing category

未分類

古着のリメイクのすすめ

片付けのお仕事で

シンプルライフになるために

物を手放すことを勧める一方で

まだまだ使える服や物を捨てることが

とても心苦しいです

 

 

先進国の大量生産、大量買い、使い捨ては

地球環境を汚染し続けています

 

後進国では、大手ファッションブランドの大量生産のために

恐ろしく安い賃金で工業での作業に追われています

 

 

東南アジアのあるブランドの服を作る工場で

働く女性のインタビュー

「安いからと買ってはすぐ捨てるその服を作るために、私たちがどんなに辛い労働を強いられているかを知ってほしい」と涙ながらに訴えていたビデオを忘れられません

 

仕事のない彼らには、仕事を選ぶことはできません

食べていくにはどんな過酷な労働条件でも従うしか生きていく術はないのです

 

 

南米に住んで、あまり自分に合う小さいサイズがなかったため、

服のサイズ直しから始まり、

服のリメイク、

または、生地からの服のデザイン、制作をするようになってもう何年もたちます

 

世界にたった一つの、

自分のサイズにピッタリの一着ができあがります

 

 

お裁縫の腕はいかがなものかわかりませんが、

「その服はどこのブランド?」

などと、聞かれることもしばしば

 

 

 

古着をリメイクは、そんなに難しいことではありません

手縫いでもできます

今どき、未使用の服でさえ、数年経過していればリサイクルショップでさえも、1円でも引き取ってもらえません

どうせゴミになるはずだった物、

捨てようと思ったぐらいの物ですから、ダメもとで、お裁縫、リメイクに挑戦してみませんか?

もちろん、失敗もありますが、それも勉強です

 

デザインがかわれば、また気分も変わって、服が生き返ります

 

 

ゴミ減らし、地球環境を守るために

リサイクル、リメイク、できることはやっていきましょう!!!

 

片付けの際に、リメイクのアイデアのお手伝いもしています

動画

https://www.instagram.com/p/CPirBiOlPRb/?utm_source=ig_web_copy_link

核兵器廃絶のための署名運動

昨日、仕事に行く途中の道で

「核兵器廃絶のための署名運動」の団体に出くわしました

 

 

 

核所有に反対の私は

自ら行って参加しようとしたのですが

署名のためのボードを持っている女性に

「あなたのように自分から来て署名してくれる人ってなかなかいないのよ

本当にみんな無関心で、声をかけても迷惑そうに立ち去られてしまうの」

と言われびっくりしました

 

 

確かに、このように道で抗議デモをすることさえ

日本では珍しい光景です

 

美や健康、自分を向上させるようなことには

驚くほどお金をかけて

必死に勉強するのに、

地球環境や世界で起こっている大問題に

興味を示さない日本国民・・・

 

 

平和ボケということでは済まされない

非常に悲しい事態です

 

 

このような国民性だから

本当に大切なことは

何も変わっていかないのですね

 

 

例えば、無給の残業を強いるブラック企業は相変わらず存在し続けている原因は

しょうがない、15分ぐらいでけちけちするのはみっともない、我慢が美徳

みんなやってるから一人反対するのはカッコ悪い、

などと、陰ではブーブー文句、愚痴をこぼすのに

労働基準局に訴える人がいない

 

10年間、日本を留守にしていましたが、まったく変わっていないことにびっくりします

 

年齢で差別して雇用してはいけないのに

キャリアのある仕事のできる女性よりも

何もできなくても若い女性しか雇わない

資格や経験は年を取ったら何も役に立ちません

 

職場でのストレスが半端ない日本、

人間関係にも大変気を使わなければならない・・・

 

我慢のストレスが

ガンや成人病を助長して

認知症にまで悪影響を与えていると思います

 

 

 

アルゼンチンの企業の受付嬢は

驚くほど年齢層が高いです

 

日本大使館が入っているような

立派なビルでも

60代ぐらいの女性が二人

楽しそうにおしゃべりしながら

リラックスして座っています

 

このような簡単で座っていられる楽な仕事は

これくらいの年代の人が適役です

 

お飾りとしてしか女性を判断しない

後進国日本(日本だけでなくアジアはその傾向が強いですね)

 

 

アルゼンチンでは、

物価の変動が大きく

庶民の生活が脅かされているので

プロテスタントの講義デモは

日常茶飯事

 

警察との衝突も多くて危険だし、

かなり大規模の集まりになってしまうことが多いので

交通もマヒして

道を封鎖してしまうこともあるので

バスが止まってしまったりします

 

 

物の値段は毎月上がるのに

労働賃金はそのままでいいわけありませんので、

ストライキで飛行機や電車が止まったりするのも、

日常茶飯事です

 

だから、政府も動かざる負えなくなるのです

 

 

アルゼンチンの政治に対する関心の高さは

驚くべきものです

 

 

 

 

平和ボケの日本人

コロナ問題、中国のアメリカなど、世界情勢の緊張・・・

他人ごとではない状況になってきています

 

とはいえ、無関心のような人ばかりではないはずです

より良い社会にするために

声を上げる勇気を持ちましょう

 

 

核廃絶のために署名活動をして

国連に提出しようとしている方たち、

忙しい中、本当にありがとうございます

 

 

性的虐待や性犯罪がなくならないわけ

新聞、インターネットなどのニュースを見ると、

毎日のように見かける

性的虐待 や 性犯罪のニュース

 

被害者は、女性だけでなく、小さな子供、乳幼児までが犠牲になっています

 

性倒錯者、精神異常者は犯罪の発覚を恐れて殺人までします

なぜ、このような悲惨な犯罪が昔も今もなくならないのでしょうか

 

2500年前のお釈迦様の教えでは

このように言っています

 

俗世間では「性欲」は自然な本能として正当化されていますが、

仏教ではそうではありません。

以下、上座仏教テーラワーダ仏教協会のスマナサーラ長老による法話より引用します

美しく燃える欲の炎 性欲は危険と苦しみにかぶる目隠し

 

俗世間では、性欲はとても自然的な本能として、正当化している感情なのです。

しかし

性欲が社会に与えているトラブルは、想像を絶するものです。

精神病の大半は、歪んだ性欲が生んだものです。

社会で起こる犯罪の、大半の原因は

”性欲”

なのです

 

幼児虐待、誘拐、殺人、放火などが、毎日のように起こります。

性欲のせいで、非難されて政治の世界から閉め出される政治家もいますし、

会社を倒産させる人々もいます。

不倫、夜の街での遊びやらで

家庭を崩壊に追い込む人々の数は膨大です

 

諜報活動にも性欲が大事な役割を果たしています

治療不可能のHIV感染は、世界的な問題となっています

 

貧しい国々の子供たちに売春を強いるので、

彼らが人権どころか生きる権利まで奪われているのは、

性欲のせいなのです。

 

人間社会にいくら不幸を与えても、俗世間は性欲を正当化する。

 

性欲は、自然な本能だと思う。

 

必要不可欠なものだと思う。

 

しかし、この考えは単なる主観的な感情であり、

 

客観的な事実ではありません。

 

「子孫を残す」ということに人間も他の生命も必死なのです。
それは客観的な事実です。

しかし、子孫を作ることでその生命が得るものは、何かあるのでしょうか?

食欲も欲ですが、それは満たせないと命を失います。
ですから、必然的に満たさなくてはならない欲なのです。

しかし、性欲を満たせないからといって、命を落とすことは決してあり得ないのです。

それなのに、なぜ性欲は断言的に正当化しているのでしょうか。

それは性欲が、生命の追う様々な

「好き」

の中で、かなり強烈なものだからです。

 

ですから皆、性欲が満たされることを期待するのです。

 

「子孫を残す」というのも、実は表向きの言い訳に過ぎません。

 

人間の間では、結婚にも異性との関係にも興味はないが、子供を欲しがる人もいます。

その人々は子孫を残したいという気持ちではなく、子育てが「好き」で、それを喜びたいのです。

 

現代社会では子供を作ることを完全に否定して、性欲だけ満たして生きていきたいと思う人々の数が多いのです。

性欲は決して生きることに欠かせない本能ではありません。

音楽を聴く、贅沢をするなどのように、もう一つの強烈な欲なのです。

性欲を満たすことで命が延びるというよりは、縮みます。
体力・精神力・財力を大量に費やすことになります

人は、性行為から得る快楽に強烈に執着します。

猛烈に依存するのです。

ですから、その快楽を得るために費やすエネルギーの量は全然気にしないのです。

日常生活の中で様々な問題が起こるとき、楽しみや充実感を得られないとき、人はその苦しみのはけ口として性的快楽に依存することもあります。

ブッダは、性欲は割に合わないほど不幸を招くもので、心の成長を妨げるもの、人を苦しみに徹底的に依存させるものであると説くのです。

個人は自分の幸福を目指して心の成長を目指し、様々なトラブルや苦難を避けるために性欲の依存をやめさせなくてはいけないのです。

自分の快楽のために他人の命を弄ぶことは人権侵害であって、慈しみの正反対です。

 

 

表は「好きと会い」、裏は「悩みと恐怖」世界が変わっても苦しみは消えない

 

世間は、人が「好き」になる対象の方を問題にしています。

たとえば、イスラム教では、男をみだりに誘惑するという理由で、
女性は夫以外の男性に手首と目元以外見せてはいけないことになっています。
結果として、女性は身体を完全に隠して生活しなければならないが、

女性の手足顔、髪の毛などを見ただけで性欲をむき出しにする男性の方は自由なのです。

タバコを吸いすぎて病気になったら、タバコ会社を訴えるのです。
例えばアメリカのフロリダ州のGrady Carterさんが、Brown & Williamsonタバコ会社を訴え、$750,000の損害賠償に勝訴しました(CNN June 29, 2001)。
麻薬の密輸入、売買、所持などを取り締まって、人々が麻薬に依存することを止めようとする。

このように、人が好きになる「対象」を目の仇にするのが、世間のやり方です。

仏陀のアプローチは違います。

何かを好きになるということは、その人の心の問題です。
その人個人の主観的な感情の問題です。
もし対象が原因だとするならば、すべての生命の心に、同じ結果が現れる筈です。
タバコを見たら誰でも吸いたくなるわけではありません。
麻薬を見ただけで人は誰でも服用しようとはしません。
ある人が美人だからといって、すべての男たちが欲望を抱く訳ではありません。
「好き」は明らかに主観的な問題です。直すべきなのは、個人の心であって世界ではありません。

仏教は一貫して心を向上させること、清らかにすることを勧めています。

何かを「好き」になるということは、その何かに依存することなのです。

それが心が弱い、汚れているという証拠なのです。

ですから、仏陀は二段階に分けて解決方法を説きます。

まず好きになる対象から身を引く。

次に、依存しなくても幸福でいられるように心を育てる。

 

 

法律で悪いものを禁止しても、人は直りません。身を引くことにもなりません。

ですから、自分で「好き」になる対象から身を引くのです。表面的には世間のやり方と似ているようですが、実際は違います。

「好き」は主観的な感情です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世の中は実に性欲を煽る物があふれています
先進国では、お金のためにそれらを武器に商売にしている女性もたくさんいます
それを求める人がいる限り、それは、いつの時代も、お金を得るためのビジネスです

はびこる

女性蔑視、男尊女卑の根底には
女性を「性欲の対象物」としか見ない
ということです

 

 

性犯罪者たち悪業は大変なものです

今世で犯罪が発覚して罰を受けても、また、運よく誰にも知られなくても、それで終わるわけがありません

来世で報いを受けるその恐ろしさを知ったら、きっとこの世に犯罪者はいなくなるかもしれません

輪廻のことは大変複雑らしいですし、また死んだことのない(死んだ経験をできない)私たちには知る由もありませんが、

世の中はちゃんと平等にできているそうですので、

その大罪は決して消えることはないでしょう

私たちは、俗世間の常識のようになっている、

この「性欲の問題」を、

もっと真剣に考えなければいけないのではないでしょうか

 

表現の自由とか、欲を煽るものを、取り締まったところで、見たい人はどのようにしても見るのでしょうが、

子供の教育をする時点で、

性欲が、大変な危険を犯してしまう可能性があるということを教えるべきであり、

俗世間の常識ではなく、

子供たちの手本となる道徳のある大人が増えることを願っています

 

こちらに、欲をコントロールする良いアドバイスなどがあります
参考までにリンクです

http://bbs1.sekkaku.net/bbs/?id=theravada

コロナショックの教訓

パンデミック

コロナウィルスショックで

世界中の人たちが

強制的に外出禁止

または少しでもリスクを下げるために

なるべく自宅待機を迫られています

 

 

思わぬ時間の余裕ができて

今までできなかった家の片づけをしたり

家族団らんや

趣味を楽しんだり

人それぞれの時間を過ごしていることと思います

 

 

私もイベントが中止になったりと

時間ができたので

いつものように何か仕事に役立つ情報はないかと

仏教についてもっと勉強しようかとネットサーフォンをしていて

ある人のブログにたどり着きました

 

 

自分の子供の時からの持病

このせいで、今までいろいろなことをあきらめざる負えなかった

辛い病気・・・

これだけは

どうしてもレイキで治せないので

自分の前世のカルマなのかとあきらめていたのですが

そのブログを書いている方に

霊障かもしれないと言われ

驚きました

 

 

どうりでレイキが効かないわけです

 

 

それがきっかけで

「生きる意味」「死」

について真剣に考えるようになりました

その答えを探しているうちに

やはり仏教をもっと真剣に勉強するべきだと気づき

毎日励んでいます

 

自分の人生を振り返り、反省することばかりです

 

霊気を始めた時から

自分の心境の変化は感じていたのですが

究極のストレスフリーのカギは

仏教にあるのかもしれません

 

 

ブッダ(お釈迦様)は

過去を悔やんでばかりいるのは

まるで死体を背負って歩いているようなものだ

 

そしてそれは不幸になる練習をしているようなものだといっておられます

反省はこれくらいにして、

善行に励まなければいけません!!!

 

今のままでは確実に地獄行きですし・・・

 

 

コロナショックで

これからの生き方を見直さなければいけないと感じている人は

大勢いると思います

 

 

ウィルス感染で亡くなられた方

重症化して苦しんでいる方

また大変な思いをしている医療関係の方など

大変お気の毒ですが

私たちもこれからの人生を

どう生きていくのか

よく考えさせられるいい機会になったのではないかと思います

 

 

私は、この状況で

待機する家があり、

思わぬ仏教の勉強をする時間ができたことを

周りの人、神様に感謝し

今後はもっと人助けになる仕事をして

心の境涯を高く

慈悲のある人になれるように

明日死んでも悔いがないように

毎日を大切にしていきたいと思います

 

 

 

 

本物の英雄は色を好まない

あるアメリカの映画のワンシーンで

「もし億万長者になったら」・・・

 

 

ある普通の夫婦の妄想シーン

 

 

男性は

「プール付きの豪邸のジャグジーで裸の美女たちとシャンパン」

 

女性は

「ハイブランドの服や高級品、宝石などを買いまくる」

 

 

アルゼンチンのお笑い番組での妄想シーンでも 同じでした。

 

普通の価値観の人の脳では、

世界各国

男は「セクシー美女買い」

女は「物欲の鬼」

と化すわけですね

 

まあ、これが昔も今の変わらぬ人間の億万長者成功イメージなんですね

 

 

その昔、戦争で勝ってお金持ちになった武将などは

贅沢放題、女性を何千人も囲ってた人もいたぐらいだし

女性たちも金品目当てに、妾同士、嫉妬や競争しながらも、その立場に甘んじていたのでしょうが

彼らは、その財や地位を、いつ失うか、ビクビクしていたように思います

色欲も物欲も、とどまることを知らず、もっともっととエスカレートしていきます

昔の大河ドラマや西洋の王様映画などでも、その様子は描かれています

 

 

現代でも、「英雄色を好む」などと

自分を「英雄」に見立てた成金実業家や有名人などが、

銀座のクラブで美女をはべらかせ、

「男の性分だ」などと正当化して

女の尻を追いかけまわしている輩がたくさんいますし、

お金のためには何でも売る女性たちもいます

 

 

中高年のお金持ちの男が、一緒に苦労した最初の妻を捨てて、若い美女と再婚する

「トロフィーワイフ」

お金で若さと美しさを買うバカ男と、金に目がくらんだ強欲な女、

実は同じ価値観を持つ同士なので、お似合いのカップルですが

たいがい、のちに一緒に破滅して離婚します

最悪なのは、カルロスゴーンのようなパターンですね

 

 

 

 

人間は、いかに何億年の間生まれ変わっても、

勉強できない欲の塊の生き物なんだということを

思い知らされます

 

こういう人たちも、

「マザーテレサ」や「ガンジー」の映画などを見ると

感動して涙を流したりはするのですが、

といって、自分がそういう貧困な人たちを、自分のお金を使って助けようとはしないのです

 

 

キリスト教では

「お金持ちは天国に行けない」ことになってるそうです

なぜなら

良い人、「慈悲の心」がある人は

その持っているお金を貧困な人たちに分け与えてしまうので

お金がなくなってしまうからです

 

 

キリスト教も仏教も他の大きな宗教は

基本は「隣人を助けよ」なので

自分さえお金があったら、他に困っていようと関係ないということにはならないので

お金持ちが自分の贅沢には糸目をつけずに

大金を使っているのを見ると

やっぱりそれが良い人とは思えないです

 

例えば、たった10時間やそこらの空の旅、

ファーストクラスで100万以上使うのなら、

10万円のエコノミークラスに乗って90万円本当に困っている人たちに寄付したら、

それこそ「英雄」ではないでしょうか・・・

 

 

まあ、自分はすごいお金持ちになったことがないので

お金持ちの気持ちがわかりませんが、

もし万が一、億万長者になってしまったら、

貧困にあえぐ人たちを助けるためにお金を差し出せるような人間になりたいです

本当に欲しいものは、お金で買えないことを

今は知ったので、それができると思います・・・

 

 

はっきり申し上げますが

浮気者の男を心から愛する女性はいないです

浮気相手の女性に嫉妬するので、愛されてるような気がしますが

ふっと、ある日バカらしさに気づきます

お金が欲しくて愛しているフリをするかもしれませんが

お金がなくなったらポイです

 

 

自称「英雄」がどんなに色を好もうと、

最期は、誰にも愛されず

一人で死んでいくかわいそうな人です

 

本物の英雄は、

本当に大事な人を大切にしますので

その人を悲しませるようなことはしません

 

 

人生最後の日も、愛され見守られ

幸せな人生の幕を閉じるに違いありません!

 

 

 

退屈しますか?

ああ、、退屈・・・

なーーーんにもすることがない、、

と、最後に思ったのは、小学校低学年ぐらいだったでしょうか

 

 

自分は、休みでどこに出かけなくてても

飛行機の遅れで、何時間も待たされても、

遠方に出かけて、電車やバスに8時間揺られなくてはいけなくても、

何かしら調べ物をする、

健康に関すること、など、仕事に関係する情報を探す、

語学や仏教について勉強する

考え事をする、

夢想する

エクササイズの振り付けを考える

etc

とにかく、ああ、、暇だ、退屈だと思うことがないのです

 

 

特に、個人事業を始めてからは

仕事に関する勉強や研究は、

ここまで、ということがないので、

365日、寝る、食べる以外、

ほとんど仕事をしているような感じです

 

とはいえ、仕事は、今までも趣味の延長みないなものなので、

楽しくて、

一向に苦になりませんし、

もちろん、仕事をしなければいけない、疲れる、

などと感じたこともありません

 

 

最近は、関東の田舎での仕事が多いので、

仕事で東京に行く時は、

いくつか仕事や用を一緒の日にすることがあります

次の仕事まで、時間が数時間 空くことがあります

以前でしたら、ウィンドショッピングなどを

楽しんだところですが、

ここ数年は、

デパートなどを覗いても

ああ、素敵なものがあるね、

とは思うものの、

すぐに飽きてしまって

結局、

自分が欲しいものは何にもないな。。と思います

 

 

その場合の時間つぶしは

カフェで仕事(仕事に関する研究や情報集め)です

 

おいしいお茶と、楽しい仕事で

待ち時間もハッピーです!

 

 

 

昔の自分は、欲しいものだらけで

本当に欲深かったと思います

 

物欲だけでなく、

食べることも、

人に執着することも、

限りなく欲がありました

 

 

ビーガンになって、

グルメなどにも、すっかり興味がなくなり、

特に、日本は、ビーガンの食べられるものが

外食も、デパ地下などの食品売り場なのでもほとんどありませんので

食べる欲も以前より減りました

 

 

品目は減っても、

少ないものでも、

満足して、

自分のベジタリアンライフは楽しんでいます

 

物欲が減ったとはいえ、

好きなヨーロッパにいるときには

たまには、ショッピングを楽しむこともあります

 

今は少しのもので満足できるのに、

以前は、なぜ満たされたなかったのでしょう・・・

 

 

明日死ぬかもしれないから、

たくさん物を持っていても、

持っていけないしな、、

などとも思うようにもなりました

 

 

欲というのは、コントロールするのは難しい、

我慢するのは辛いです

 

自身が欲しないというのは、実に楽でいいです

 

とはいえ、まだまだ煩悩はありますので、

自分自身の修行が大事ですが、

 

欲が少なくなって、

いろいろなストレスが減ってきていると感じています・・・

 

レイキが効かない人 その2

レイキの効果がない人の中に、

低級霊や浮遊霊のついている人、
動物霊のついている人
などが考えられます。

 

霊の存在など、ばかばかしい、

そんなこと信じないよ、

という方は、どうぞ、スルーしてください

 

 

子供のころから、霊に憑りつかれてしまって、ずっと体調が悪かったり

病院に行っても原因不明だったりするのは、

霊障の可能性が大です

 

————————————————–

★2020年3月1日 ★

霊障によってレイキが効かない、病気が治らないということで

それは霊障のせいで

お祓いによって改善することがわかりました!

自分の実体談から言っても、間違いないです

霊気が効かない人についても、これで説明がつき、すっきりしました

 

もしや、とお悩みの方は、こちらに相談されるのをおすすめします

 

仏光さん、という臨済宗円覚寺派人間禅・居士の先生がお祓いをしています

三島療法院やすらぎ

 

———————————————

 

霊は、どんな人にも ついてしまう可能性はあるそうですが、

人の多いイベントや、夜の盛り場に出かけたとき、

酒、ドラッグが好きな人などは
これらの霊に入られやすいので
特に要注意です

 

霊が憑依している人の特徴として

髪型、雰囲気がよく変わる、
時折、別人に見える
臭いが変わる(何か嫌な臭いがするようになる)
機嫌がコロコロ変わる怒りっぽい

ひどい慢性的な片頭痛、偏頭痛がある、

腰が痛い、膝が痛い、目がピクピク動く、

指先に針で刺されたような痛みがある、

急に手が動かなくなった、歩けなくなった、

目が見えなくなった

いろんな症状がありすぎて、書ききれませんが、

とにかく、病院に行っても原因不明とかのものです

 

 

実は霊障だったのに、意味のないひどい手術をされてしまった話も聞きます・・・

西洋医学では、原因がわからないのに、とりあえず手術ということになるんでしょうか・・・

お気の毒です

 

信じるかどうかは人それぞれですが、病院で治らないのですから、どうせ打つ手はないのですから、絶対に試してみる価値はあります!!!

Hachi

今日は、久々に時間ができたので、映画 ”Hachi”を見ました。

この映画を見るのは

今日で2回目ですが・・・

 

 

何度見ても

ハチの健気さに

涙腺崩壊・・・

 



 

 

動物が進化しているといわれているこの頃ですが、

この実話のハチは、

ご主人がなくなった

1925年から9年間、

毎日死ぬまで、

帰らぬご主人を

渋谷駅で待ち続けたわけです。

 

 

最近のペットの動画などをみると

話をする犬、

子守をする猫、

リズムに合わせ踊るペット、、

彼らは

ご主人様たちの愛を一身に受け

どんどん進化しているように思えます

 

しかし、

ハチの時代、

そんな大昔でさえ

すでに

犬でさえ

人間と同じように

記憶力を持ち

ご主人を愛していたんですね

 
業界初の通信容量を気にせず使えるSIMカードレンタル!【w/WiFi】

 

動物愛護は、犬猫などの身近なペットだけでは

ありません

犬や猫のように

人間と遊ぶ 牛や羊

豚のペットなども見かけるようになりましたね

 

私は、柴犬がだいすきですが

もう、「柴犬」を買いに

行くことはないです

 

犬種で選ぶことが

お金儲けの手段になり

動物の自由を奪うからです

 

 

本当にペットを愛しているという方

どうか

捨てられている子を

飼ってあげることを

考えてみてください

ブエノスアイレス ヴィーガニズムの日

ブエノスアイレス ヴィーガニズムの日
動物虐待に反対するデモ

11月4日

ブエノスアイレスの、

世界一幅の広い、9 de julio の大通りと、コリエンテス通りの交差点にある、

ブエノスアイレスの象徴、

”オベリスコ”に

ビーガンが集まり、

動物虐待反対、

畜産による環境汚染反対

などを訴えるデモが行われました。

私も、この日、ビーガンとして

このイベントに参加しました。

 

「ペットを買わないで
(品種で選んだりしないで)
捨てられている子を 飼ってあげて!」

とか、

「私たちの毛皮、皮を使わないで!」

「私の人生は ハンバーグになるためなの?」

動物実験されている血まみれの動物の写真、

撲殺される動物など、

見るのも辛い写真ばかりでしたが

少しでも その事実を

知ってもらうためです。

 

 

インターネットで、

ビーガンの食生活により、

めまい、生理不順、髪が抜けた、などの

症状が起こった、などという記事を

目にすることがありますが、

この方たちは、きちんと、大豆製品、

などのタンパク質をとっていなかったように

思われます。

 

私は、レイキを始めてから、

肉をおいしく感じなくなってきていたのもあり、

ビーガンになると決めた時には、

肉の摂取量は すでに かなり少なくなっていました。

それでも、最初の数か月の

デトックス期間は、

少々、体のだるさ、頭痛などを

経験しましたが、

その後、いたって 健康です

それ以後、肉を食べたいと思ったことは

一度もありません。

以前はサプリメントに

頼っていましたが、

食事から 必要なビタミン類は

すべて とれているので、

サプリメントは 一切必要ありません。

以前よりも、免疫力が上がり

医者にもかかる必要がなくなりました。

ビーガン生活30年 50年という人たちも、

健康で、元気に暮らしています。

自己のダイエットのために 

肉を食べたいのを我慢して、

ビーガン食品を試す

という人に、

このような 健康トラブルが多いように思えます。

倫理的に理解して、

自分の肉食の抑制が、

動物たちの命を救っている、と思うことができたら、

もっと 健康にも、よい成果が 期待できると思います。

病は気からです。

健康に良くないかもしれない、などと

否定的な記事ばかりを

参考にしないでください。

 

あなたが 家族として 可愛がっている

ペットの犬や猫と

食べている、牛、豚、は同じ動物です。

感情があり、痛みも感じます。

 

国連の調査でも明らかなように、

世界中の車やトラックが出す排気ガスよりも、

食肉のする家畜の糞から出る温室効果ガスのほうが多い、

つまり、地球温暖化は、肉食が作り出しているのです

 

畜産に与える 莫大な穀物で、全世界の飢餓が救えるのです

動物愛護だけでなく、

このような環境問題も 知ってください

レイキ、リンパマッサージ、レフロクソロジー、ツボトリートメントの後の好転症状について

d8b5687f64c64f6267622ede1616609a_s

レイキ、リンパマッサージ、レフロクソロジー、ツボトリートメントの後に,一時的に いろいろな不調が出るかたがいます。

残念ながら、多くの人が 悪化したと勘違いして

それらのテラピーを中断しています。
実は、それらの不調は”好転症状”と呼ばれる自然治癒のプロセスであり、

とてもよいサインなのです。

体が変わっていき、回復、治癒する過程のために出る症状なのです。

これらの症状が何を意味するのか知ることが重要です。

真の健康になるために、通らねければいけない浄化期間だからです。

特に、たくさんの毒素をため込んでいた人は

それを排出するために、

症状が長く続く可能性があります。

ジャンクフードをよく食べる、

長い間 薬を服用している、

運動不足、ひどいストレスがある人、

ひどく疲れている人 など。

今まで滞っていた血液やリンパの流れがよくなったためです。

体に長く溜まっていた古い毒素の排出は 少し時間がかかります。

通常 数日で その症状は消えていきます。

好転症状の例

・風邪のような症状、体がだるくなる,頭痛、鼻水、熱が出るなど
・身体の筋肉がつる、筋肉痛のような症状
・トイレが近くなったり、尿や便の色が濃くなったり臭いが強くなる
・にきびや湿疹が出る
・胸が苦しいような感覚
・体内にウィルスを持っていた場合、腫物が現れることがあります。自然治癒力が上がってくるので、ウィルスと戦うために熱が出ることがあります。
・吐き気、イライラする、感受性が強くなる、自分を責めたくなる、、など

好転反応が出た場合の対処法
・頭痛がする場合、冷たいタオル(氷水)で冷やす。
・運動、浴槽、サウナで、汗をたくさんかく。
・常温、または 熱いお茶ぐらいの温度のお湯を飲んで 、毒素や老廃物をスムーズに排泄させる。
・瞑想をする。
・アロマテラピーする。
いろいろな良い効果のある精油があります。
例えば、純粋なラベンダーオイルを、お風呂に数滴入れたり、ハンカチに垂らしたりして 吸引すると、痛みや ストレスをを和らげることができるでしょう。

レイキのあと、ものすごく眠くなることがあります。できるだけ眠ってください。睡眠が私たちの体の中にあった悪い物を癒してくれます。