Currently browsing

10 2020

核兵器廃絶のための署名運動

昨日、仕事に行く途中の道で

「核兵器廃絶のための署名運動」の団体に出くわしました

 

 

 

核所有に反対の私は

自ら行って参加しようとしたのですが

署名のためのボードを持っている女性に

「あなたのように自分から来て署名してくれる人ってなかなかいないのよ

本当にみんな無関心で、声をかけても迷惑そうに立ち去られてしまうの」

と言われびっくりしました

 

 

確かに、このように道で抗議デモをすることさえ

日本では珍しい光景です

 

美や健康、自分を向上させるようなことには

驚くほどお金をかけて

必死に勉強するのに、

地球環境や世界で起こっている大問題に

興味を示さない日本国民・・・

 

 

平和ボケということでは済まされない

非常に悲しい事態です

 

 

このような国民性だから

本当に大切なことは

何も変わっていかないのですね

 

 

例えば、無給の残業を強いるブラック企業は相変わらず存在し続けている原因は

しょうがない、15分ぐらいでけちけちするのはみっともない、我慢が美徳

みんなやってるから一人反対するのはカッコ悪い、

などと、陰ではブーブー文句、愚痴をこぼすのに

労働基準局に訴える人がいない

 

10年間、日本を留守にしていましたが、まったく変わっていないことにびっくりします

 

年齢で差別して雇用してはいけないのに

キャリアのある仕事のできる女性よりも

何もできなくても若い女性しか雇わない

資格や経験は年を取ったら何も役に立ちません

 

職場でのストレスが半端ない日本、

人間関係にも大変気を使わなければならない・・・

 

我慢のストレスが

ガンや成人病を助長して

認知症にまで悪影響を与えていると思います

 

 

 

アルゼンチンの企業の受付嬢は

驚くほど年齢層が高いです

 

日本大使館が入っているような

立派なビルでも

60代ぐらいの女性が二人

楽しそうにおしゃべりしながら

リラックスして座っています

 

このような簡単で座っていられる楽な仕事は

これくらいの年代の人が適役です

 

お飾りとしてしか女性を判断しない

後進国日本(日本だけでなくアジアはその傾向が強いですね)

 

 

アルゼンチンでは、

物価の変動が大きく

庶民の生活が脅かされているので

プロテスタントの講義デモは

日常茶飯事

 

警察との衝突も多くて危険だし、

かなり大規模の集まりになってしまうことが多いので

交通もマヒして

道を封鎖してしまうこともあるので

バスが止まってしまったりします

 

 

物の値段は毎月上がるのに

労働賃金はそのままでいいわけありませんので、

ストライキで飛行機や電車が止まったりするのも、

日常茶飯事です

 

だから、政府も動かざる負えなくなるのです

 

 

アルゼンチンの政治に対する関心の高さは

驚くべきものです

 

 

 

 

平和ボケの日本人

コロナ問題、中国のアメリカなど、世界情勢の緊張・・・

他人ごとではない状況になってきています

 

とはいえ、無関心のような人ばかりではないはずです

より良い社会にするために

声を上げる勇気を持ちましょう

 

 

核廃絶のために署名活動をして

国連に提出しようとしている方たち、

忙しい中、本当にありがとうございます

 

 

不安をあおって物を買わせる戦略にだまされないで

お片付けコンサルタント

としてのお仕事を

「くらしのマーケット」に出店して2か月がたちました

 

 

以前、おうちを片付けたクライアントさんたちに

口コミのご協力をしていただいたおかげもあって

最近は、ボチボチ依頼も増えてきました

皆さん、ありがとうございます!

 

 

さて、ここ最近お片付けに出張して

いつも思うこと

 

 

衛生用品のストックが多すぎる!!!!!

 

 

特に、コロナウィルスの影響で

マスク、消毒グッツ、トイレットペーパー、防災グッツなど

 

 

薬屋さんが開けるよね。。。とびっくりするほど

買いだめしていらっしゃるお宅が多いです

 

 

 

私を含め、ミニマリスト系の人たちは、

何が起ころうと、

そうそうストックをため込むことはないと思います

 

なぜかというと、

ほとんどの物は

”代用が効く”

からです

 

 

例えば、

マスクがないとき、

ハンカチや、タオル、ヘヤゴムや輪ゴムなどで

いくらでもマスクをつくることができます

 

私は、手作りマスクを7枚持っています

薄くて小さいので、場所も取らないし、、

洗濯していても十分な量なので

なくて困ることは全くないです

 

トイレットペーパーが売り切れるかもしれないとき、

最悪、ペーパー買えなかったら

洗って、タオルで拭けばいいし

 

 

衛生用品、アルコールがなくても

ティートゥリー、ラベンダー、などの精油で

いくらでも消毒代わりになります

 

 

食べ物だって、

そんなに焦って買わなくても、

たいていのお家には、

1週間分ぐらいのストックは常にあるはず

 

今は、コロナの影響で東京は何かと不便が多いので

しばらくの間、

拠点を郊外に移していますので

ちょっと外に出れば、

何か食べられる草とか発見できそうです(笑

 

 

最悪、食べ物がなかったとしても、

流行りの断食をすれば、

味噌さえあれば、

味噌汁ファスティングで、

一週間余裕で暮らせます

 

 

日本人は、皆と同じ行動しなければいけないと

洗脳されている感があります

 

 

みんながストックを持つので買わないと不安、

皆と同じマスクじゃないと不安、

 

 

とにかく、常に不安なのですね・・・

 

 

結果、使いきれないストックを持たされ、

家を物で占領され

狭い空間でストレスを感じながら生きていかなければいけない…

 

 

ペーパー類やマスク、などの消耗品は腐らないし

とお思いでしょうが、

湿気の多い日本は

たった1年で、カビ臭くなってしまったりするので、

油断はできません

 

食品はもちろん、日々鮮度を失っていきますが

消耗品だって、新しいものにこしたことありません

 

 

一般家庭のような湿気のある家で

長く保存して何もダメージのないものって

ほとんどないと思った方がいいです

 

 

ピンポイントで起こる、

地震や台風で、

日本全国すべてが

生命の危機に陥ることはないでしょう

 

世界各地で核爆発でも起こって

数週間以上も

水も食べ物も買えなくなるような非常事態が起こったら

そんな事態に陥るかもしれません

 

 

しかし、その時は、地球がもう終わりな時なのかもしれませんので

あきらめます

 

 

日本のように

豊かになりすぎてしまって

100円ショップにいけば、

便利グッツが何でも手に入る

 

 

そんな時代に生きる私たちは

脳を働かせて

何とかする能力が

衰えてしまっているのかもしれません

 

 

どうぞ、マスコミの不安をあおる情報に

踊らされないでください

 

ストックが多いと、

人間は物を大切にしない傾向があるので、

地球環境にもよくありません

 

何でも、あと少ししかない、、、という場合、大事に残りを使うでしょう?

 

ストックは、1つで十分

 

 

私は、ストックさえ持ちませんが・・・

残りが最後1回になったら、買いに行きますが

買い忘れても、いつも何とかなります

 

 

ストックは

防災用の非常食3日分と水

これだけあれば、何もいりません

 

 

しばらくの間、

ドラッフストアーや100円ショップには足を運ばず、

ストックを減らして、

広々とストレスなく暮らしましょう!

 

何とかなるさーーーーー

と、南米の人たちのように

気楽に生きると

もっとシンプルに生きられるかもしれません