Currently browsing author

ukiukidojo

政治とお金の流れで今を読む

かれこれ、Covid-19 発祥から1年9か月、

 

なかなか出口が見えませんね・・・

 

世の中で起こっている問題

今でしたら

「コロナ禍どう生きぬくか」

を読み解くには

 

「政治と世界情勢とお金の流れ

 

を知ること

 

これを理解できないと、

何にも見えてきません

 

 

政治に興味のある日本人は

少ないですね・・・

 

世界の政府を陰で操る

超富裕層の存在

 

 

今回のコロナ騒動で大変儲かっている人たちがいます

 

コロナワクチンを作った製薬会社、株主ら、

数百兆円の利益とか・・・

 

もはや、額が大きすぎて、、よくわかりません (・・?

 

日本国内では、

ワクチン接種一人当たり、2000円~3000円も国からもらえる医師たち、

注射しまくって

2億円稼いだと自慢する医者もいました

 

製薬会社に大金もらって、テレビやメディアに、ワクチンの素晴らしさを宣伝する医師や専門家たち

テレビやSNSで発信している、芸能人や有名人、

インフルエンサーたちは、

いうまでもなく、

政府や、番組スポンサー、商社などの意向に沿った意見をいわないと、

すぐに干されますので、

一貫してコロナは恐い、

ワクチン接種推進派ですね

 

 

いっぽう、ワクチンが危険であると訴えている

世界中のノーベル賞博士や感染症の専門家、医師たち

一部の議員や弁護士、

政府が推進するものに異議を唱えているのですから、

風当たりも強く、お金が儲かっている様子はありません

 

 

さて、どちらが「ファクト情報」でしょうか?

 

 

アメリカの上院議員たちが、

ワクチン推進に反するとみられる情報を、勝手に削除している

ビックテック、(Youtube, Facebook, Twitter) らに、

言論の自由を奪われている、人権侵害だ、と、訴訟を起こしたニュース

 

欧米、南米の大規模なワクチン義務化反対のデモ

ワクチン接種者、未接種者、ともに、

自由を求めて、闘っていますが、

日本では、全く報道されません

 

ワクチンを信じて打ちたい人は打てばいい

抗体ができて、

恐ろしいウィルスに感染しないのなら、

そんな良いものはありません!!!

 

 

一方、自分の免疫力を信じて、

そういうものに頼りたくない人達も存在します

そういう人たちに

ワクチンのような医療行為を強制するのは

人権侵害です

 

 

しかし、ワクチンを信じて打っても、

ブレイクスルー感染するのなら、

ワクチンパスポートなど、

何の意味もない

 

ワクチンパスポート提示しないと利用できない場所やサービスを作るなどの、

ワクチンを強制するための嫌がらせのような差別を

絶対に許さないようにしましょう

 

我々の「自由」は、誰にも奪うことはできません!!!

 

 

草津温泉のお気に入り Cafe”わとわ”

体調不良のため、草津温泉で湯治をしていました

 

「恋の病以外はなんでも効く」といわれているぐらい

草津温泉の病気の治癒効果はバツグン!

食欲がだいぶ戻ってきたころ、

素敵なカフェを見つけました!

 

「Cafe WATOWA」

 

外見だけでなく、内装もとってもレトロでおしゃれ

 

本日のランチメニュー

 

ビーガンメニューがあるなんて、嬉しすぎます♪

 

ワンプレートに、いろんなカレーが!!品数豊富で豪華☆彡

 

最高においしかったです💛

実は、先々週、草津にいた時も、お邪魔したので、

今回3回目のランチ!

本当に美味しいものは、

何度食べても飽きませんね

 

食後のデザートは、

ビーガンレモンケーキ&オーガニック紅茶をいただきました

見た目もラブリーで、もちろん、Yummy💕です

 

草津温泉バスターミナルから、徒歩2分、

一押しのレストランカフェわとわ

 

ビーガン料理を食べたことのない人でも、きっと気に入ります!

美味しくカロリーオフ、

 

大好きな草津温泉に楽しみが増えました!

 

cafe わとわ

ベジ料理、ノンベジ料理 両方楽しめるお店
手づくりsweets、coffee、beer、goodmusic…etc
【open】10:00〜17:00
18:00〜は予約制
定休日 月、火
群馬県吾妻郡草津町草津60
050-1057-9775
🚗駐車場 無し

古着のリメイクのすすめ

片付けのお仕事で

シンプルライフになるために

物を手放すことを勧める一方で

まだまだ使える服や物を捨てることが

とても心苦しいです

 

 

先進国の大量生産、大量買い、使い捨ては

地球環境を汚染し続けています

 

後進国では、大手ファッションブランドの大量生産のために

恐ろしく安い賃金で工業での作業に追われています

 

 

東南アジアのあるブランドの服を作る工場で

働く女性のインタビュー

「安いからと買ってはすぐ捨てるその服を作るために、私たちがどんなに辛い労働を強いられているかを知ってほしい」と涙ながらに訴えていたビデオを忘れられません

 

仕事のない彼らには、仕事を選ぶことはできません

食べていくにはどんな過酷な労働条件でも従うしか生きていく術はないのです

 

 

南米に住んで、あまり自分に合う小さいサイズがなかったため、

服のサイズ直しから始まり、

服のリメイク、

または、生地からの服のデザイン、制作をするようになってもう何年もたちます

 

世界にたった一つの、

自分のサイズにピッタリの一着ができあがります

 

 

お裁縫の腕はいかがなものかわかりませんが、

「その服はどこのブランド?」

などと、聞かれることもしばしば

 

 

 

古着をリメイクは、そんなに難しいことではありません

手縫いでもできます

今どき、未使用の服でさえ、数年経過していればリサイクルショップでさえも、1円でも引き取ってもらえません

どうせゴミになるはずだった物、

捨てようと思ったぐらいの物ですから、ダメもとで、お裁縫、リメイクに挑戦してみませんか?

もちろん、失敗もありますが、それも勉強です

 

デザインがかわれば、また気分も変わって、服が生き返ります

 

 

ゴミ減らし、地球環境を守るために

リサイクル、リメイク、できることはやっていきましょう!!!

 

片付けの際に、リメイクのアイデアのお手伝いもしています

動画

https://www.instagram.com/p/CPirBiOlPRb/?utm_source=ig_web_copy_link

シンプルライフで人生が楽になるわけ

なぜ、家を片付けて、シンプルに暮らすと

人生が変わるのでしょうか

 

 

ほとんどの人は、

あっても使わないもの、

不要の物を家に溜め込んでいます

 

本当はなくてもいいものなのに、

「高価だった」、「贈り物だから」、「また使うかもしれないから」「思い出があるから」

様々な理由をつけて

もう何年もクローゼットに眠っていた物でも

忘れていたものでも

捨てることができません

 

これは、「執着」があるためです

 

しかし、これは、じつは、非常に苦しい生き方です

 

我々は、まだ使えるものを捨てるなんて

もったいない

の「常識」で生きてきましたので、

これは、当然のことです

 

 

しかし、インターネットの出現で、

有名人、著名人以外の、

一般人の、考え、常識や、価値観を

簡単に知ることができるようになりました

 

常識と思われていたことも、今や常識でなくなってきた今日、

価値観も、ひとそれぞれ、

ここで、ご紹介している動画も、

すべての人に、共感していただけないことは、

百も承知ですが、、

自分の経験、そして、片付けコンサルタントとして仕事をしてきて、

実際に、片付けをして人生が変わった経験談から、

なぜ、シンプルライフのためのお片付けによって

ストレスレスになり幸せになれるかについて

説明していきたいと思います

 

 

すべての不要な物を、いろいろな思いをたち切って手放すことで

物への執着だけでなく、

人間関係や、所有欲、食欲、お金への欲などの執着、

 

それらを得るため、

または守るために

躍起になっていた自分を見つめなおし、

片付けを通して、

それらが、いかに自分にとって

不要であったか、

ストレスだったかに気付くきっかけになるのです

 

実は、

人生ってシンプルです

 

それほど、生活に必要な物ってないのです。

実際、家に所有しているものの、半分も使っていないのです。

いつか使うもののために、場所を占領され、

そのために高い家賃を払い、

物が多すぎるために、常に収まり切れないものが散乱する、

 

人間は、平均、一年に150時間以上も

探し物に時間を費やしていると言われています、

片付けをしてシンプルく暮らせば、

物を探すことは、なくなります

今後の人生、どれだけ時間の節約になるでしょうか

あるはずのものが見つからない、ストレスからも解放されます

 

みな、バケーションに、リゾート地の広々とした高級ホテルで過ごしたいでしょう?

なぜ、自分の家を、ホテルのような快適空間にしないのですか?

シンプルライフのためのお片付けをすれば、

これは、全く可能なことです

 

不要な物を処分し、物を減らすだけです

 

消耗品などを買い込んでしまう、

心配性な人、多いですね。

 

消耗品を何十円か、安く買っても、それを置く場所の確保に苦労して、

高い家賃を払い狭く暮らす必要がありますか?

 

消耗品をため込むリスクについては、

他の記事に詳しく書いています

 

 

私は、海外生活が長いので、

スーツケース一つで過ごすというチャレンジで

物は少なければ少ないほど

快適に暮らせるという体験から、

ミニマリストのすばらしさを知りました

 

 

人間はみんな平等に、

年を取って必ず死にます

 

今若くても、

寿命まで生きられればいいですが、

事故や病、

人生いつ終わるのか、

運命は、誰にもわかりません

 

誰でも必ず死ぬ

 

これだけは、普遍の確実な真実です

 

 

どんなにたくさんの財宝があっても

何も持っていけません

 

片付けを通して、

家や物、身体、人間関係、家族、

知識欲、地位や名声を得るなど、

 

すべての執着が

いかにムダであることに気付く、

それが、片付けの本当の目的です

 

死んだら終わり、すべておいていかなければいけなのです

 

 

お金に余裕があれば、高価なものを買うのもよいかもしれませんが、

それらを得るため

いろいろなものを犠牲にして、

必死になって得たところで

じつは、「ある」も「ない」も

それぞれ、悩みや苦しさがあるのです

 

高価な時計をやっと買って嬉しいでしょう

しかし、高価なものは、メンテナンスも高い、

無くさないか心配、

泥棒に合わないか、

悩みもつきません

人間の欲にはきりがありません

 

もっと高価な物、もっと広い家が欲しい、

もっと若く、きれいになりたい、

もっと美味しいものが食べたい、

有名になりたい、美人と付き合いたい、

もっと出世して、尊敬されたい・・・

 

 

ますますエスカレートしていきます

 

 

欲を満足させるために

お金を得るため人をだますような商売をしたり、

嫌な人と付き合わなきゃいけなかったりと

自分を苦しめるのです

 

 

でも、どんなに頑張っても

 

人間は平等に年を取って

病気になったり

老衰して死ぬのです

 

 

 

ほどほどで満足すること

 

これが、、人生を楽に生きる鍵です

 

ミニマリストは、必要最低限で暮らしていますが

それで決して不自由していません

不要な物が一切ないので、満足度は高いし、

執着も少ないので、守るためのストレスもありません

 

大量にプチプラなど流行りの安物を買い漁り、飽きたらすぐ捨てる

これは、あまりにもエゴイストは生き方です

 

これらを生産する発展途上国の劣悪な労働問題、環境汚染

だけでなく、

すべては、

量より質です

 

ここでも、欲を出し、いいものを求めすぎるときりがありませんが、

そこそこの良品を長く使う、

これが賢く、地球にもやさしいです

 

量より質は、物に限ったことであ貼りません

人間関係もしかり、

オプションが多いと、人間はストレスが増えます

 

多くを望まなければ

高収入がなくても

せかせか必死に朝から晩まで働かなくても

それなりにこぎれいにして、そこそこ美味しいものを食べて暮らしていけます

 

 

これがないと、困る、ってもの、意外とないです

ほぼ、すべてのものは、

代わりがいくらでもあります

 

あの人を失ったら死んじゃう、、、?

 

絶対、死にません、、

時間が癒してくれます

 

 

何事にも執着しないシンプルな暮らし

これがストレスレスの最高の薬です

家を片付けることで、

人生でなにが一番大切かに気付いてください!

 

 

健康的なセクシーさは小麦色の肌

日本の肌を焼かない、

美白文化は、ちょっと異常です・・・

 

 

ずっと日本にいる皆さんは

当たり前の光景になっているかもしれませんが

真夏の酷暑に、

サンバイザー、手袋、襟巻、マスクにサングラスに日傘まで

・・・そこまでするか、、とびっくりです

 

欧南米に長くいた私としては、

小麦色に焼いた女性たちが

あまりにも美しかったので、

久しぶりに日本に戻ってみると

美白神話に必死になっている女性たちを

気の毒に思ってしまいます

 

 

 

あまりにも日に当たらないと

ビタミンDが不足します

骨を丈夫にして、免疫機能をアップするには

ビタミンDはとても重要なのです

 

 

たしかに、海外でも

お肌の真っ白のテーンネージャーなど

綺麗だなーと思うことはたまにありますが、

欧南米では、いまだに肌を焼くことがステータスで

美しいとされています、、、

 

アジアでは、なぜそんなに美白にこだわるのかな・・・

 

よく外人はシミだらけという悪口を聞きますが

自分的には、彼らは別に汚くもみえませんし、

逆に、小麦色に焼けているので、シミも目立たない印象です

 

健康的で、露出したサマードレスなども映えるし、

色白でショートパンツやミニスカなどはかれると

生々しくていやらしく見えます、、、

 

それが日本人好みなのならしょうがないですが、、、

 

美白に執着するのは、大変苦労すると思います

 

暑いし、焼けてないか気がかりだし、外に出るのもおっくうになるし・・・

ビタミン不足が、一番の問題ですよ

 

 

私は、顔には一応日焼け止めは塗りますが、

基本、焼けても気にしません!

むしろ

夏にストッキングをはきたくないので、

小麦色の足は必須です

 

なんでもそうですが、

執着すると、自分が苦しくなります

美白神話は、アジアだけの流行です

 

少数ですが、アジアでも、焼けてる人が素敵という人たちもいます

 

ビタミンD不足を補うためにも、

そんなに必死にならないでくださいねーー

日焼けすると、男性はもちろん、女性もセクシーですよ!!!

 

 

片付けの苦手な人に多い「洗濯依存症」

片付けの依頼で伺うクライアントたちで

特に物が多い、

家の中が汚部屋化している家にお住いのクライアント様に限り

面白いほど共通していることがあります

それは

「洗濯依存症」

 

 

 

家族が多かったり、

小さな子供がいるならば、

一日一度の洗濯はそうめずらしいことではありませんが、

彼らは

一度洗濯機を回しただけではとても終わらずに、

 

朝から晩まで、一日中、洗濯しまくっています・・・

 

 

常に

これから洗う洗濯物、

乾いた洗濯物がたくさん散乱しています・・・

 

 

汗をかいた服、

肌着などは一度着たらすぐに洗濯するべきでしょうが

シーツや毛布、上に着るカーディガンや

スエット、ジーンズなど

数回はいてから洗濯しても

そうそう汚れていないものもありますよね

 

 

汚部屋は、

床や棚などに物が散乱しているので、掃除が行き届いていません

 

そのせいで、汚いところにいる自分を

少しでもきれいにしたい、

または、汚い場所(自分の家)に座ったりするので

服が汚れるからなのでしょうか・・・

 

洗濯に追われて

時間がさらに無くなり

家の掃除もできません

 

洗濯に要する時間があまりにもかかるので

他の家事まで手が回らないようです

 

流しには数日前の食べ残しや使用済みの皿が

そのままになっていたりします

 

どちらかといえば、

流しの洗い物を片付けるのが優先ではないでしょうか・・・

 

 

そこまでキレイな衣類(布もの)にはこだわる必要があるのかな(ー ー;

 

 

シンプルライフで物が少なくても、

 

例えば一人や二人暮らしならば、

3日に一度、少なくても週に一度の洗濯で

事足りるはずです

ミニマリストのように、

下着は3枚とはいわず、

最低一週間分ぐらいの衣類は持っていましょうと、

私の片付け法ではすすめています

 

 

洗濯依存症の人は

潔癖症でもあることも多いです

 

 

「自分はキレイ、他人は汚い」

という感じ方をしていて

 

例えば、他人の足が(靴下)が汚く感じる

公共の場の手すりが汚いなど

図書館の本が汚い

レストランの椅子や

飛行機にも乗れなくなりませんか?

 

高級は場所でも

不潔な人はいるかもしれませんよ

 

 

確かに今は、コロナウィルスのせいで

常に手洗いは必須ですが

 

 

「自分だけはキレイ」という考えは

とても傲慢で危険な考えです

 

 

生き物ならば、

例外なく

 

歯を磨かなければ 口臭が

風呂に入らなければ、体臭がしてくる

ホコリの多いところを行き来すれば

耳垢や鼻くそもたまります・・・

 

 

今食べようとしている

美味しそうな色とりどりの美しいケーキも

口の中に入れて臓器を通って

腸に達して肛門からでれば、

臭くて汚い排せつ物になります

 

医療関係や介護ワーカーなどは

たえず、それらの物につきあわなければいけませんが、

たとえ手に便などついてしまったところで、

よく洗えば済むことです

 

お母さん(お父さん)の経験があれば

赤ちゃんの排せつ物も触りますよね

 

 

人間(生き物)ならば、

誰でも、不潔になりえます

 

 

梅雨の季節、猛暑の中

洗濯ものの生乾きの臭いや汗くささを発している人に

まれにお目にかかりますが、

そうそう臭う人もいません

 

その人たちは、毎日着たものすべて洗濯していませんよ

 

 

洗濯はほどほどにして

家の中を掃除しましょう

 

そのためには、

片付けは必須です

 

 

汚部屋の床

物をどかしてみると

そこは間違いなく

数年も拭いてなかったんだろうなと思われる

ごみやほこりが堆積していますし、

ベットやタンスの下など、

ダニがうようよしていそうな

たくさんの髪の毛や埃だらけで、

よっぽど不潔です

 

 

 

床や棚、テーブルの上に

何もなければ、

拭き掃除も一瞬で終わります

 

 

他人が汚く見えるおかしな潔癖症、

洗濯依存症を直すためにも

家を片付けましょう!

片付けすると痩せる理由①

ミニマリストと呼ばれる人たちに

太っている人がいないのはなぜなのでしょうか

 

今日から数回にわたって、

片付けをするとなぜ痩せるのか

について書いていこうと思います

 

片付けの苦手な人の特徴は、

 

「動かない」ことです

 

 

クローゼットにコート、帽子、マフラーなどをしまうこと面倒くさがり

玄関に置き場所を作るので

冬など厚物が玄関先に堆積し空間が狭くなるし

見栄えも悪い

 

洗うのがめんどくさいので

食べ残しを流し屋キッチンテーブルに放置で不潔になる

 

リビングのテーブルに、化粧品、パソコン周辺機器、飲みかけのコップ、マスク、爪切り、、、

棚の上も、薬やドライヤー、DVDが置きっぱなし、

物を物の居場所に戻すことを面倒くさがり

ソファーから動かないのです

 

 

片付けの基本は、

物をカテゴリー別に収納することです

これをしない限り、探し物をしないで済む日は訪れません

 

 

片付けの苦手な人は、

使う場所ごとに物を置きたがります

 

外出するときに使うから、玄関にマスクや上着、手袋、UVクリーム ・・・

 

テーブルの上にスマホの充電機、化粧水、

なんでも並べてだしたらきりがありません

 

せっかく片付けをしても、

物を物の居場所に戻す作業、

これをすることができなければ、

永遠に片付くことはありませんし、

汚部屋からは逃れられません

 

 

ミニマリストは、家具も、ほぼ持っていませんので、

狭い家でも、悠々と歩き回るスペースがあります

 

散らかっている家は、広い家でも物にあふれ、歩き回るスペースもない上

手の届くところに物を置く癖、

動かない生活習慣が太る原因でもあります

 

 

 

 

私は、ごみ箱を家にたくさん置くのが嫌いです

ゴミを集めるのも、汚れたごみ箱を洗うのも面倒だし

ゴミ一つ捨てに行くのに、遠くにあるゴミ箱に捨てに行く

こういうちょっとした運動が、カロリー消費になっているのです

 

 

2階建ての一軒家に住んでいて、

コートを上の階のクローゼットにしまうのを後回しにする、

畳んだ洗濯物をしまうのがめんどくさいから放置、

 

階段を上がるのに、10秒もかからないのに、

リビングのテーブルの上や床に置きっぱなしにしないでください

階段の上り下りは、脂肪燃焼にもってこいのエクササイズになります

 

高齢者ほど、階段を使ってください

先日テレビで、

90歳を超えたおばあちゃんが、毎日10キロの荷物を背負い

急な勾配の山を片道1時間のぼっているのを見ましたが、

実に元気でした

 

山にいかなくても、

階段の上り下りで、

筋力をアップすることができるので、

高齢者には、もってこいですね

 

 

 

シンプルライフのためのお片付けは

ストックを持たないことを勧めています

 

消耗品でも、なぜ買い置きしない方がいいかは、こちらをご覧ください

消耗品を大量買いは損!

 

コーヒーカップ一つでも、

すぐに洗ってしまう、

 

歯磨き粉がなくなったらすぐに買いに行く

 

常にフットワークが軽いのです

 

 

シンプルライフの人々、

ミニマリストたちは、そんな生活習慣を持っています

 

太っている人がいないのもうなずけますね

 

 

ボケ防止には、歩くことが必須という医学の研究結果がありますように

片付けをして、

物を元に戻す、

家の中もよく歩く習慣を

毎日つけましょう!!!

消耗品を大量買いは損!

片付けの基本は

「物を少なくすること」

つまり

「物を買わない」

ことが重要なのですが

片付けに行くと

物を大量買いする人が多いことに

いつも驚いてしまいます

 

特に、腐らないし、必ず使うからという理由で

消耗品を大量買いする

 

これらの人の心理としては

●安い時にたくさん買っておきたい

●ストックがないと不安

●新製品が出るとすぐに試したくなってしまう

また、カテゴリー別に収納する片付けの基本ができていないので

●ストックがどこにあるのかわからずにまた買ってしまう

ということも

 

 

例えば、トイレットペーパーを安かったので大量買い場合

それを収納する

場所に

毎月高額のお金を払っていることに気付きません

 

すべての物は、

劣化

していきます

ペーパーなどは、湿気の多い日本では、カビ臭くなったり、黄ばんだりします

 

また、人間の心理として、たくさんあると

無駄にじゃんじゃん使う

減りがとても速くなります

 

数十円安く買って得したつもりでも、

実際は安く買った以上に損をしているのです

 

身体に触れる毎日使う消耗品だからこそ

新しい清潔なものを使いたいです

 

ネットなどで買うと、買いに行く暇が省ける

持って帰るの重いし・・・

 

少しでも楽をしようとするその生活習慣で

太るんです

 

まだまだストックがたくさんあるのに

新製品にすぐに飛びついて買う人

古い方のものは、捨てずにそのまま放置するんですよね・・・

だから物がどんどん増えていきます

 

ミニマリスト、シンプルライフを実践している人たちは

ストックをほぼ持ちません

 

例えば、

歯磨き粉が明日なくなる時に買いに行けば十分です

定価でも、新しいものを大事に使うので無駄はありません

 

買うのを忘れていても

近くに24時間営業のコンビニがありますし、

出かけるのがめんどうなら

ペパーミントのアロマオイルや塩で歯を磨いてもかまいません

 

物を増やすのが嫌なので

ストックは持たないと決めているのです

 

ないと不安は

「執着」

です

物をたくさん持っている安心感に執着しているのです

ごちゃごちゃたくさんのものに囲まれ

物で自分の居場所を狭くして

お財布も寂しく

もっともっと自分を苦しい状況にしていることに気付きません

 

 

部屋を片付けたいのなら、

消耗品のストックを持つのをやめてください

それらがあと数日でなくなる時まで、

買い物に行かないでください

 

量販店や大きな薬屋さんなど

「何か買うものないかしら・・・」と

フラフラ行く癖をやめましょう

 

買うものがある時に、その売り場に直行して

さっさとお店を出ましょう

 

買いに行く時間がないといっても

24時間のスーパーなどありますから

仕事帰りや休みの日に買いにいってください

 

 

大量買いはデメリットしか見当たりません

少ないものを大事に使いましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

毒親のトリセツ③

新聞や、インターネットの相談コーナー

毒親の悩みは尽きないですね

 

紀元前500年前後

何千年もの間

今も語り継がれる世界三大賢人

ソクラテス

孔子

釈迦

 

“自分の過去世で、自分が親のようなエゴイストな親だった

その悪業によって

今世その罪を償うため、

またはその悪業を身をもって知るために、

そのような人の子供になることを決めて生まれてきた

可能性が高い”

 

とおっしゃったのは、お釈迦様です

 

 

なんと、毒親を持つ運命は自分のせいだったとは

かなりショックですね

 

 

輪廻転生を信じるかどうかは人それぞれですが、

世の中不公平と思われることも、

過去の業によって決まるとしたら、

実は公平であると言うことがしっくりきますね

 

 

毒親のトリセツ

 

過去の自分の悪行の償いをさせてもらっていると知り

ひたすら忍耐する

それが理想ですが、なかなか難しいですね

 

 

今世、こんな毒親でも、親孝行できたら、

自分の善行を積めるそうです

 

私たちは、子育てについて、何も教えてもらっていません

ある日、突然親になることになり、

否応なく、子供が生まれてきて

子育てをしなくてはいけない。。。

いわば、ぶっつけ本番、

手探り状態です

 

大概親になる年齢は、若い時です

 

年を重ねるとわかりますが、

ああ、若い時は本当にバカだった。。。と

そんな世の中のこともよくわかないうちに

親にならなければいけない、

仕事も家事もしなければいけない、

大変な時期に子育てをすることになります

 

 

親も若くて未熟でバカだったのでしかたがない

そんなアホな親が、

よく学校に行かせてくれた

食べさせてくれた

と、恨み言は忘れましょう

 

親のトリセツ②でもお話ししましたが、

この毒親は、自分の前世で、自分がいじめぬいた子供だったかもしれない、、

と、憐みの心を持つ

 

いつまでも親のせいにして

ネガティブでいても

何もいいことはありません

 

 

成人したら、失敗は、自分の責任で

毒親のせいではありません

 

 

いつまでも

怒りを心に持って

親が悪いから、自分はうまくいかないなどと

人のせいにしても、幸せにはなれません

 

 

親も、年を重ね、以前よりも人間ができてくるといいですが、

変わらず、困った人である場合、

やはり、距離を置くしかありません

 

生んでもらった縁は忘れずに、

本当に困ったときには、助け船を出しましょう

 

親子の関係は、

親離れも、子離れもありません

 

 

本来は、協力し合って、生涯付き合っていくものです

 

親が年を取って身体が動かなくなったら、

子供の助けも必要でしょう

 

人生では、お金に困ることもあるでしょう

どちらかが多少余裕があるのなら、助け合えばいいでしょう

 

世の中、いい親を持てた方が、

奇跡と言えるかもしれません

 

現在、仲の悪い親子でも、

お互いが、人格者になっていけば、

歩み寄れる可能性もあります

 

 

毒親のトリセツ②

毒親と言っても

いろんなタイプがいます

 

 

しかし、ほぼ全員に当てはまるのではないかということが

毒親=自己中、(エゴの塊)

ということです

 

 

自分を棚に上げて、

子供を、わがままとか、自己中だとかいうのが特徴です

 

しかし、人間は、みんな、

基本生まれた時から

エゴイストです

 

自己中をおさえ、

人を思いやれる人間になることが

人格者になることですので、

そうそう、そのような人が世の中にいません

 

ほとんどの人が毒親になる可能性があります

 

また、毒親と思われる人たちは

実は、今流行りの、

発達障害

かもしれません

 

人を思いやる

とか

人の気持ちを読む

などの能力が

人よりも劣っている

 

 

 

前回、毒親との家族愛の修復は

残念ながら

あきらめるしかないと書きましたが

 

過去にどんなにひどいことをされたとしても、

親子のつながりを完全に絶つことは

なかなかできません

 

 

これらの人たちは

コミュニケーション力が極端に低いので

話せばケンカになる、

わかり合えるまで

話し合うというのも難しいですね

 

 

一つ忘れてはいけない大事なこと

 

そんなとんでもない毒親でも

我々は、生んでもらった

があるということです

 

 

今の仕事で食べていけるのも、

職業につけるための基礎となる

習い事や、大学に行かせてもらった恩もあるでしょう

 

育児放棄されたり、

虐待で施設にいたとかいうひどいケースでもなければ、

こんなひどい親なのに、

よく子育てを放棄せず

育てたもんだ!

と、感謝しなければいけないのですね・・・

 

 

母親のお腹の中で10月過ごし、

つわりやら、大きなお腹で不自由な思いをし、

人生でも1,2、を争う

本当に辛い出産を経て、生まれてきたのですから

母親には特に大変な恩があります

 

 

そこで、どんなにひどい仕打ちを受けても、

この恩だけは忘れずにいないと

自分が大変悪い業を負ってしまう可能性があるそうです

 

 

毒親のトリセツに

一つ、良いおまじないがあります

 

毒親と、やりあってしまったり

ああ、、、もう信じられない、、

二度と顔も見たくない、、という出来事があった

辛い過去を思い出してしまった

その時に、

 

慈悲の瞑想

をしてみてください

 

「私の近しい人たちが、

幸せでありますように・・・」と

何度も何度も唱えます

 

 

近しい人とも思えないよ!

ってぐらいムカついてるときには

 

「生きとし生けるものが

幸せでありますように・・・」

 

と繰り返し念じてみてください

 

少しずつ怒りが収まってきます

 

 

慈悲の瞑想については、

テーラワーダ仏教協会のHP内に、

詳しく書いてありますので、

どうぞご覧になってみてください

 

 

毒親に怒っても、

自分が疲れるだけ

とわかっていても、ついムっとしてしまうことばかりですね・・・

 

でも、今世で一番恩のある親に対して怒るのは、

それが、どんなに正しいと思われる理由でも、

やはり、自分の悪業になってしまい

自分の心が汚れてしまうので

ものすごく損なのです!!!

 

 

慈悲の瞑想を唱えていると、

少しずつ、気持ちが落ち着いてきます

 

今世、親子に生まれた縁は、

前世でも何かしらつながっていた可能性があるそうです

また来世で、会う人なのかもしれません