核兵器廃絶のための署名運動

昨日、仕事に行く途中の道で

「核兵器廃絶のための署名運動」の団体に出くわしました

 

 

 

核所有に反対の私は

自ら行って参加しようとしたのですが

署名のためのボードを持っている女性に

「あなたのように自分から来て署名してくれる人ってなかなかいないのよ

本当にみんな無関心で、声をかけても迷惑そうに立ち去られてしまうの」

と言われびっくりしました

 

 

確かに、このように道で抗議デモをすることさえ

日本では珍しい光景です

 

美や健康、自分を向上させるようなことには

驚くほどお金をかけて

必死に勉強するのに、

地球環境や世界で起こっている大問題に

興味を示さない日本国民・・・

 

 

平和ボケということでは済まされない

非常に悲しい事態です

 

 

このような国民性だから

本当に大切なことは

何も変わっていかないのですね

 

 

例えば、無給の残業を強いるブラック企業は相変わらず存在し続けている原因は

しょうがない、15分ぐらいでけちけちするのはみっともない、我慢が美徳

みんなやってるから一人反対するのはカッコ悪い、

などと、陰ではブーブー文句、愚痴をこぼすのに

労働基準局に訴える人がいない

 

10年間、日本を留守にしていましたが、まったく変わっていないことにびっくりします

 

年齢で差別して雇用してはいけないのに

キャリアのある仕事のできる女性よりも

何もできなくても若い女性しか雇わない

資格や経験は年を取ったら何も役に立ちません

 

職場でのストレスが半端ない日本、

人間関係にも大変気を使わなければならない・・・

 

我慢のストレスが

ガンや成人病を助長して

認知症にまで悪影響を与えていると思います

 

 

 

アルゼンチンの企業の受付嬢は

驚くほど年齢層が高いです

 

日本大使館が入っているような

立派なビルでも

60代ぐらいの女性が二人

楽しそうにおしゃべりしながら

リラックスして座っています

 

このような簡単で座っていられる楽な仕事は

これくらいの年代の人が適役です

 

お飾りとしてしか女性を判断しない

後進国日本(日本だけでなくアジアはその傾向が強いですね)

 

 

アルゼンチンでは、

物価の変動が大きく

庶民の生活が脅かされているので

プロテスタントの講義デモは

日常茶飯事

 

警察との衝突も多くて危険だし、

かなり大規模の集まりになってしまうことが多いので

交通もマヒして

道を封鎖してしまうこともあるので

バスが止まってしまったりします

 

 

物の値段は毎月上がるのに

労働賃金はそのままでいいわけありませんので、

ストライキで飛行機や電車が止まったりするのも、

日常茶飯事です

 

だから、政府も動かざる負えなくなるのです

 

 

アルゼンチンの政治に対する関心の高さは

驚くべきものです

 

 

 

 

平和ボケの日本人

コロナ問題、中国のアメリカなど、世界情勢の緊張・・・

他人ごとではない状況になってきています

 

とはいえ、無関心のような人ばかりではないはずです

より良い社会にするために

声を上げる勇気を持ちましょう

 

 

核廃絶のために署名活動をして

国連に提出しようとしている方たち、

忙しい中、本当にありがとうございます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA